メラノサイト

メラニンを生成するメラノサイトについて

お肌や髪、瞳の色を作り出すメラニンを生成する細胞をメラノサイトと言います。

メラノサイトは、お肌の表皮と真皮の境目の基底細胞の間にあり、色素生成細胞や色素細胞とも呼ばれています。紫外線などの刺激により、プラスミンというメラノサイト活性化因子という情報伝達物質ががメラノサイトに影響を与えます。

メラノサイト内にあるチロシンを変化させ、メラニンの生成につながるドーパ、ドーパキノンに変化します。メラノサイトの中で、生成さるメラニンが過剰に生成され、色素が沈着することでシミとなって現れます。

お肌の1m㎡あたりに、およそ1000~1500個のメラノサイトが存在しています。特に、顔や手など、日光に当たりやすい部分には高密度で存在しています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です