メラニン

メラニンについて

メラニンとは、お肌や髪の毛、瞳などの色を作る色素のことです。

メラニンの色には2種類あり、一般的な黒色から褐色をしているメラニンをエウメラニン(eumelanin)といい、黄色や赤色をした、赤毛などに含まれるメラニンをフェオメラニン(Pheomelanin)といいます。

お肌のメラニンの量が多いと肌は黒く見えます。

紫外線を浴びると、お肌を守るためにメラニンが生成されて肌が黒くなります。しかし、日焼けを繰り返したりすると、必要以上にメラニンが増加してシミとなってお肌に現れることがあります。

シミの原因ともなるメラニンを抑制するために、日焼け止めをしっかりと塗り、UV対策、紫外線予防を行いましょう。

日差しが強い際には、サングラスや日傘、帽子などで直射日光からお肌を守ることもシミを増やさない方法の一つです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です