美白化粧品のランキング

人気のシミ対策クリームや美白化粧品でシミを予防するなら!

お肌の悩みで多い、シミやくすみ!
年齢を重ねたり紫外線を浴びるたびに段々と顔がくすんだり、シミが気になり始める方も多いかと思います。

シミやくすみの主な原因は紫外線によってメラニン色素が活性化することでできると言われています。また、睡眠、食事、運動など生活習慣の乱れにより、ホルモンバランスが崩れたり年齢を重ねることでお肌の新陳代謝が滞ることでお肌がくすんだりシミができやすくなります。

お肌のシミは女性だけでなく男性でも悩む方も多いかと思います。特に若い頃に日焼けなどしていると年齢を重ねてから後々シミとなって現れてしまい、年齢より老けて見られがちです。男性でも女性でも、シミ対策に効果のある化粧品やクリームでシミの対策を行いましょう。

こちらのサイトでは人気のシミ対策クリームや美白の化粧品を実際に使って効果検証して比較・ランキングにしました。
くすみやシミを予防する効果の高い美白化粧品と普段の生活の中でしっかりシミ対策をしましょう!

シミを防ぐ美白化粧品ランキング

口コミで人気の美白化粧品をランキングでご紹介します。メラニンの生成を抑えて、日焼けによるシミやそばかすを防ぐ化粧水や美容液をご紹介します。

トライアルセットで試して使うことが出来るので本当にお肌に合った化粧品を選ぶことが出来ます。


s_rank001

アンプルール


数多くのメディアや雑誌で紹介されているアンプルール多くの有名人や美容家にも絶賛されて愛用されている美白化粧品です。シミの元に働きかける有効成分のハイドロキノンをはじめとするメラニンの生成を抑える美容成分を配合し、お肌の奥まで有効成分を届け、内側から透き通る美肌へと導いていきます。お肌に潤いを与えながらシミを予防するので、透明感のある素肌が実感できる話題の美白化粧品です。

■おすすめポイント
1. メラトニンの生成を抑え、シミを予防する効果の高い成分を配合
2. 芸能人やTV、雑誌などメディアからの絶大な支持
3. お得なキャンペーンを実施

アンプルールの口コミを見る
▶公式サイト⇒W美白ケアで、くすみ知らず

価格・送料 通常6,500円相当送料無料1,500円(税込)
商品到着後の8日以内返金保証
セット内容 約10日分(クレンジング・洗顔・ローション・クリームなど計6点)
成分 新安定型ハイドロキノン
ハイドロキノン誘導体
セレブロシド
評価 ★★★★★

s_rank002

ビーグレン

美白ケア(本製品2)

ビーグレン医療レベルの浸透技術で世界の特許を取得している美白対策の化粧品です。
シミのお肌にアプローチする成分のハイドロキノンやシムホワイト377、ビタミンCなどの美白有効成分を、肌の奥まで浸透させシミに直接アプローチする効果が高く、さらにシミを予防してくれるので透き通ったお肌を蘇らせ、ワントーン明るいお肌を実感できます!

ビーグレンの口コミを見る

価格・送料 送料無料1,100円(税込)
365日間返金保証
セット内容 10日分
(洗顔・化粧水・美容液・クリーム)
成分 ハイドロキノン
シムホワイト377
ビタミンC
評価 ★★★★☆

s_rank003

HANAオーガニック

HANAオーガニック100%オーガニック成分のローズウォーターを配合したお肌に優しい美白化粧品です。濃厚に抽出されたオーガニックローズの有効成分でお肌の再生機能を高めながらシミにアプローチしていく効果が期待できます。弱ったお肌に働きかけ本来持っているお肌のバリア機能を高めることで肌を明るくしながらシミのできにくい肌へと導いていきます。オーガニック成分なのでお肌の弱い方や敏感肌でも安心して使用できます。ハリと潤いのあるシミのない明るい素肌へと導きます。

▶︎HANAオーガニックの口コミを見る
▶公式サイト⇒HANA organic

価格・送料 通常2,893円相当送料無料1,980円(税込)
セット内容 7日分
(洗顔クレイ・化粧水・美容液・乳液・UVクリーム)
成分 ローズウォーター
ダマスクローズ
イランイラン
評価 ★★★★☆

s_rank004

サエル





サエル数々の美容雑誌に掲載されコスメ大賞も受賞している無添加の美白化粧品です。敏感肌や肌トラブルの悩みが多い方でも、安心して使える植物由来の有効成分や保湿成分を配合し、肌のバリア機能を強化して、美肌のサイクルを高める効果があり、さらにシミやくすみを予防しながらうるおいと透明感のある素肌を実感できます!

サエルの口コミはこちら
▶公式サイト⇒decencia

価格・送料 通常1,680円送料無料980円(税込)
30日間返品交換OK
セット内容 10日分
(化粧水・クリーム・UVミルク)
成分 ビタミンC誘導体
コウキエキス
ヒト型セラミド
評価 ★★★★☆

ドラッグストアで買える美白化粧品

高い化粧品は継続して使うのは大変!プチプラのコスメでも肌を明るくする効果を期待したいと思う方も多いのではないでしょうか。
市販の化粧品は手軽に購入できるメリットがあります。美肌やシミ対策の効果が少しでも期待できる化粧品を選んで使用しましょう。
化粧品はお肌に合うか一度サンプル化粧品で試すこともオススメです。

▶︎薬局・ドラッグストアなど市販で買える美白化粧品はこちら

シミ対策に効果のある美白成分について

お肌のシミ対策が期待できる美白成分をご紹介します。
美白化粧品を選ぶ際はどんな美白成分が配合されているか確認して自分のシミの種類やお肌に合ったものを選びましょう。

ハイドロキノン

ハイドロキノンとはシミの発生を抑制する効果が期待できると言われていて厚生労働省で認められている美白成分です。ハイドロキノンはシミの予防効果が高く、お肌の漂白剤とも呼ばれ、皮膚科でもシミの治療として処方されています。
ハイドロキノンの機能として、シミの原因とも言えるお肌の酸化酵素チロシナーゼによるチロシンの酸化を抑え、シミを発生させるメラニン色素が黒くなるのを防ぎます。
またメラニンの生成をするメラノサイトの働きを抑制するので、シミをできにくくします。さらに、シミの元となるメラニンを元に戻す還元作用があるので徐々にシミにアプローチしていきます。ただ、刺激があるため選び方や使い方には注意が必要です。

アルブチン

厚生労働省にも認可されハイドロキノンの配糖体であるアルブチンはシミの原因となるメラニンの生成を抑えて美白する成分です。

ビタミンC

シミやソバカスの元となるメラニンの生成を抑えたりする抗酸化作用がある為、ビタミンCは美白に不可欠です。またコラーゲンの生成をサポートするので老化も防げます。

コウジ酸

シミを作り出すチロシナーゼに有効に働きかけシミを抑えて美白するコウジ酸は活性酸素を抑える働きもするのでシワや炎症反応も抑えます。

フラーレン

シミ、しわ、たるみの原因となる活性酸素の働きやメラニンの生成を抑えるので肌を明るくする効果があるだけでなく世界一と言われるほどの保湿力を持った注目の有効成分です。

プラセンタ

胎盤の栄養素を抽出したものがプラセンタで、新陳代謝を高め、自然治癒力を高める働きをします。また、シミの原因となるメラニンの生成を抑える働きをします。また女性ホルモンのバラランスを整え、肌のターンオーバーを促すことで透明感のある白いお肌へと導いていきます。

その他の有効成分

トラネキサム酸
エラグ酸
ルシノール
リノール酸
カモミラET
シクロアミノ酸誘導体など

シミの種類について

シミにも色々と特徴や種類があります。それぞれのしみがどのように出来るか知っておけば、今あるシミの対策やこれから出来るしみの予防にも繫がります。

シミの肝斑

肝斑は顔のほほ骨や目尻下に左右対称に表れるシミで30〜40代に多くみられます。
紫外線だけでなく、ストレスやホルモンの乱れの影響が肝斑ができる原因になることもあります。
皮膚科でシミを対策するトラネキサム酸などの内服薬を処方して服用したり、ハイドロキノンの配合された外用薬や美白化粧品でケアをすることが有効です。また、ホルモンのバランスを整えるために生活習慣の見直しや、紫外線予防をしっかり行いましょう。

脂漏性角化症

老人性疣贅ともよばれる脂漏性角化症は、ザラザラとした光沢感がなかったりいぼのように表面が盛り上がったシミで、色も濃いことがあるためホクロと似ています。顔だけでなく体にも表れるシミで老化現象の一つとして挙げられ、紫外線を浴びることで多く発生しやすくなるシミです。普段からUVカットの日焼け止めを使用し、日傘やサングラスで紫外線対策をしっかり行いましょう。肌のターンオーバーを促す美白成分を含んだ化粧品やシミ対策クリームでケアしましょう。濃くなったシミの場合はレーザー治療や光治療も効果的なので医師に相談しましょう。

老人性色素班

一般的にシミと呼ばれるのは老人性色素斑であるケースが多いです。紫外線を浴びてきた肌は年齢を重ねるごとに現れやすくなります。
特に30〜40代に目立ちはじめ、そのままにしておくと表皮が盛り上がりイボのような脂漏性角化症になってしまうこともあります。小さなうちに早めに皮膚科に相談し、対処することがオススメです。冷凍療法やレーザー治療などを用いて治療します。

そばかす・雀卵斑

そばかすは雀卵斑とも呼ばれ、日の当り易い顔の中心のまぶたや鼻の中央周辺に直径5mm程度の大きさで不規則な小さな薄茶色の斑点として現れます。幼い頃から思春期をピークに増えていき30代を過ぎると徐々に薄くなっていくのが特徴です。そばかすができやすい方は普段から日光に当たらないようしっかり紫外線対策を行いましょう。
そばかすは美白化粧品を用いたり、ビタミン類のサプリメントを併用し内側からもケアをしていきましょう。

炎症性色素沈着

肌荒れやニキビ跡などの外傷や炎症が色素沈着となりシミになって消えなくなることを炎症性色素沈着と言います。かぶれやアトピー、ニキビなどが慢性的にできてしまい色素沈着となりシミとなって残ります。肌の新陳代謝が滞ることで消えにくくなりますが、ターンオーバーを促すことで、メラニン色素の古い角質をはがして薄くしていきます。

花弁状色素班

強い紫外線により肩から背中にかけて起こるシミで花弁のような見た目から花弁状色素斑と呼ばれています。20〜30代に多く起こり特に肌が白い方で日焼けすると赤くなるタイプの方によく見られます。日焼け後に数ヶ月経ってから現れ始めるのが特徴です。

シミの治療法

シミは種類によって治療方法が異なります。
中々改善せず、症状がひどい場合は、皮膚科に相談しましょう。

治療方法

レーザー治療

シミの幹部に麻酔クリームを塗り、レーザーで照射します。色素沈着の原因のメラノサイトに働きかけレーザーの高熱で分解し破壊します。痛みはゴムで弾かれる程度と言われていて照射時間も1センチ30秒程度が目安です。照射直後は保護テープで幹部を保護します。照射後は紫外線を浴びると悪化するので日光に当たらないよう軟膏や日焼け止めでカバーします。ダウンタイムは1週間程度でかさぶたとなり剥がれて綺麗な肌へと生まれ変わります。1〜3ヶ月も色素沈着などが現れることがありますが、日焼け対策をしっかりして経過を見ます。照射した幹部は6ヶ月経つまではお肌が過敏になっているので、日焼け対策をしっかり行いましょう。
レーザーの種類はQスイッチルビーレーザーやYAGレーザーが一般的で、費用は大きさや程度、クリニックにもよりますが、自費治療で2,500円〜10,000円程度です。

光治療(IPL)

フォトフェイシャルが代表的である光治療はレーザーのように一部分に集中的に照射するのではなく、お肌全体に照射します。光の照射により、皮膚が活性化されお肌の保湿成分のコラーゲンが生成されます。シミ、ソバカス、毛穴、ニキビまで幅広く効果が期待できます。光は黒いものや赤いものに反応するためシミやソバカスにもアプローチします。レーザのようなダウンタイムがないので人気がありますが、濃いシミや大きなシミは光治療では消えにくいのでレーザー治療とのコンビネーションで治療することもあります。回数や光の強さ、クリニックによっても費用は異なりますが、顔全体の照射1回で10,000円~50,000円程度が目安です。

炭酸ガスレーザー治療

炭酸ガスを発振物質としているのが炭酸ガスレーザーで、水分を多く含む組織を加熱して炭化させたりします。幹部以外の損傷が少ないのも特徴です。ホクロやイボ、盛り上がったタイプのシミやニキビにも効果があります。治療後は保護テープで2〜3日保護し、1週間程度でかさぶたとなり剥がれます。照射後は幹部が過敏になっているので紫外線を当てないよう注意が必要です。美白クリームを用いることもあります。日焼け止めなどアフターケアはしっかり行いましょう。1~3か月で赤みもおさまります。費用は大きさやクリニックによっても様々ですが、1ミリ10,000円程度が目安となります。

ケミカルピーリング

皮膚の表面にある古い角質や毛穴の角栓に詰まった老廃物を、酸性の特別な薬剤をお肌の表面に塗り、古い角質の表面を溶かすことで除去する方法をケミカルピーリングと呼びます。毛穴に詰まった角栓やお肌の古い皮膚を除去することで新しい皮膚を作り出すターンオーバーが活性化し、肌再生を促します。シミを徐々に対策していく効果が期待できます。その他にも、ニキビやシワ、たるみなどの肌トラブルを改善する効果もあるため、手軽で人気の治療法です。

内服薬

L-システイン

たんぱく質を構成するアミノ酸の一種です。シミの元となるメラニンの生成を抑制し、体の外への排出を促す作用があります。日焼けによるシミやそばかすなどの対策として、ビタミンCやビタミンB類などと一緒に用いられる成分です。

トラネキサム酸

シミの一種である肝斑(かんぱん)を対策する成分として認められています。シミの原因となるメラニンを作り出すメラノサイトに働きかけ、色素沈着を抑制することで肝斑が改善されていきます。

ビタミンC

メラニンの生成を抑えてシミの予防をしながら、参加して濃くなった黒色メラニンの還元作用も認められています。

ビタミンE

ビタミンCの働きをサポートしながら、細胞が攻撃されてしまう「酸化」の原因となる活性酵素の作用を抑える働きがあります。

外用薬

ハイドロキノン

トレチノイン

美白の基礎知識について

美白なお肌は通常のお肌より若々しく美人に見られるので
美白に憧れる方は多いと思います。美肌は諦めなければ誰でも理想に近づけることが可能です!!

年齢が上がるにつれて手遅れと思うかもしれませんが、美白ケアを始める時期もいつだって遅くはありません。
むしろそのままにしておくことが肌老化を促進させてしまいます。

今からでも、始めようと思うことが大切なんです。そして毎日習慣化させることが最も重要です。

日々の生活を改善するだけで理想の美白のお肌に近づかせられ、ケアをしていない人との差をつけるのです。
これは、勉強やダイエットと同じことが言えますが、美白対策も実行して続ければ必ず効果が出るのです。

諦めることは誰にでも簡単にできます。
誰でも平等に歳はとりますし、努力をしなければ、どんどんシミやシワも増えて、老けた顔になってしまいます。

ケアをしっかり続ければ誰でもきれいになることができるのです。
そして、ケアをした人がしてない人との差をつけるのです!!

では綺麗になりたい、シミのない美肌を手に入れたいと思う方に美白をする3ステップをご紹介します。

美白をする3ステップ!

①シミにアプローチ

まず、シミなどを集中的にアプローチしましょう。
お肌にできたシミをそのまま放置しておくと悪化してしまいます。できたシミには必ず、シミのケアを行いましょう。

では実際にシミはどうやって消したらいいのか、ご紹介します。

シミはレーザー治療や、ケミカルピーリングで治療する方法もありますがシミの種類によっては使用しない方がいい場合もあります。皮膚科でシミの種類を特定し、薬で治療したりシミ対策や美白の化粧品でケアすることができます。

シミを対策する有効成分の配合された化粧品で短期集中!
シミの消しゴムとも言われる有効成分『ハイドロキノン』配合のクリームや化粧品でシミ対策をしましょう。

ハイドロキノン配合の化粧品で人気の化粧品はご紹介している『アンプルール』と『ビーグレン』が口コミ評価も高くオススメです。特に『ビーグレン』はハイドロキノンの成分が規定限界ギリギリの量で配合されているのでシミ対策の効果が期待できそうです。

ハイドロキノンは化粧品やクリームに使われるほど安全ではありますが、シミを漂白する成分のため、刺激もそれなりに強いです。もちろん化粧品には定められている基準の量で配合されているので問題はないのですが刺激に弱い方、お肌の弱い方は使用前に必ずパッチテストをしましょう。

②外側から美白を促し肌サイクルを作る

お肌の新陳代謝を高め、肌サイクルで古い角質を生まれ変わらせましょう。
シミを対策するだけでなく、お肌にシミを作らせない、またシミの元となるシミ爆弾をできる前に撃退して美肌を目指します。

フラーレンやプラセンタ、ビタミンC、アルブチン、コウジ酸などお肌のターンオーバーを高めてくれる成分の配合された化粧品を選びましょう。

こちらの有効成分は漂白成分ではありませんが、ターンオーバーで古い角質を剥がして新しいきれいなお肌に生まれ変わらせることによりシミを徐々に対策していく効果が期待できます。
お肌のターンオーバーを活性化させることでお肌のバリア機能も高め、紫外線に強いシミの作られにくいお肌を作っていきます。

ただシミをケアするだけでは根本は解決されません。
シミは作られ続けますので、まずシミが作られない肌を目指しましょう。

美肌に欠かせない最重要のケアは保湿をしっかり行うことです!!!!!

どんなに疲れていても、寝る前にはしっかり洗顔をして、たっぷり保湿をすることでお肌のターンオーバーを改善します。

保湿成分としては『セラミド』の配合された化粧水や乳液を選びましょう。
お肌の弱い敏感肌でも安心して使用ができる『サエル』がオススメです。
また、うるおい成分の配合された『アフタリスト』も保湿効果抜群です。

③美白ケアしたお肌を継続

白いお肌を維持するために、日常の生活の見直し、紫外線対策を行うことが重要なカギです。

紫外線対策

化粧品だけでなく、日々の生活で出来る美白の対策やケアする方法、シミを防いでお肌を明るくする食品など美白ケアに関する基礎知識をご紹介しています。トータルで明るいお肌を目指していきましょう。

お肌の明るくするをする上で特に注意したいのがUVケアです。日焼け止めを塗らなかったり、ケアを怠って紫外線を浴びたお肌は年齢とともにシミとなって後で後悔しがちです。

日差しの強くなる季節は特にいつもより念入りに美白ケアのお手入れを行いましょう。
一番大事なことはまず、紫外線を浴びないようにすることです。シミやくすみの原因のほとんどは紫外線といって良いくらいお肌に影響を与えます。紫外線を浴びないようにUVケアを行うことで、5年後10年後のお肌がかわります。

少しの外出でも紫外線に対して、気を抜いてはいけません。
日差しを浴びないようにするには、外出しないことがあげられますが、そうもいきません。毎日忙しくても、外出する際は日焼け止めを塗って、帽子や日傘、サングラスを使って、しっかり紫外線[UV]対策をしましょう。

紫外線[UV]ケアの化粧品を使用し、下地やファンデーションもUVカットができるものがいいでしょう。日焼け止めはお肌に悪そう、と思う方もいらっしゃると思いますが、日焼け止めを塗らず、紫外線を浴びることの方がお肌にとっては危険なんです。

お肌が弱い方は、敏感肌用のお肌に優しい成分のものや紫外線吸収剤の入っていない日焼け止めを選びましょう。
UVカットのサングラスや帽子、日傘などを活用して、日光を直接浴びるのをさけるようにすることが白いお肌を維持することにとても効果的です。

紫外線対策についての詳細

日焼け止めの使い方

正しいスキンケア

日を浴びた後は必ず、シミ対策になる化粧品でしっかり美白ケアしましょう。日を浴びたまま放っておくと、メラニン色素が増加して、シミやくすみとなってお肌に現れてしまいます。シミになる前に、しっかりとしたスキンケアを行うことが大切です。

お肌の気になるシミにはシミ対策の化粧品で徹底ケアを行えば、シミも薄くなり、白いお肌もよみがえります。重要なことは、きれいなお肌をあきらめないことです!!

また、紫外線だけでなく、私生活でもシミができる原因になることがあります。睡眠不足やストレスなどの外部からの刺激が原因だったり、女性ホルモンの乱れなどでシミが増えることがあります。

普段の生活習慣を整えることもシミを予防することにとても大切です。まずは、しっかりと睡眠をとりましょう。質の良い睡眠はきれいなお肌を作り出すのに欠かせない成長ホルモンが分泌させるので、規則正しい時間にしっかり睡眠をとることがおすすめです。

また、ストレスをためないよう、気分転換や軽い運動などでストレスを発散させましょう。
そして、バランスのとれた食生活も美肌には欠かせません。女性ホルモンの分泌を整え、お肌の新陳代謝を促すビタミンEやお肌のコラーゲンを作り出すのに欠かせないビタミンCなどを積極的に摂取しましょう。

シミのないきれいな白いお肌を保つには、日々コツコツと美白ケアの習慣を心がけることが大切です。

美白化粧品の選び方

化粧品にも様々な種類がありますが、お肌も人それぞれ様々な肌質があります。自分にあった化粧品を選ぶには以下のポイントに注意しながら選びましょう。

医薬部外品かチェック

医薬部外品とは化粧品の効果や成分が厚生労働大臣で指定されているものを指します。
一定基準が認められたものは成分名や効果、効能を表示できます。期待される有効成分の効能が書かれていますが、効果や効き目が必ずしも大きいと言えるわけではありませんが、一定の基準を満たしていると言う指標となります。

試してみること

いくら人気がある化粧品でも、お肌に合うかどうかは実際に試してみなければわかりません。また、それぞれの成分の効果には個人差があります。サンプル化粧品などで試したり、使用前にパッチテストをしてから使用するようにしましょう。シミを防ぐの有効成分について、しっかり知識をつけてから、実際に化粧品を試してみましょう。

年代別で美白化粧品をご紹介

年齢ごとに変わるお肌の悩み。それぞれの年代に合った化粧品をご紹介しています。

20代の美白

メラニンが蓄積されてしまう前に、20代の内からしっかり美白対策をしていく事が大切です!UVケアはもちろん紫外線を浴びてたメージを受けたらその日のうちに美白ケアをしましょう。

30代の美白

30代はシミが出来やすく、しっかり美白対策をしないとシミが増えたりくすんだお肌になりがちです。お肌の生まれ変わるサイクルを高めて、UV対策を行う事が重要です。

40代の美白

40代は女性ホルモンのバランスが乱れやすいため、お肌のコラーゲンが減少し乾燥や肌荒れが起こりやすくなる年代でシミも出来やすくなります。美白ケアをしっかり行い、保湿ケアでお肌のバリア機能を高める事が大切です。

50代の美白

50代になるとシミやシワ、たるみなど、お肌の悩みやトラブルが増えやすくなってきます。50代は美白だけでなくエイジングケアや保湿ケアもしっかり行う事が重要になります。

60代の美白

60代はエイジングケアを行いながら、お肌のくすみやシミをしっかり予防しましょう。丁寧に保湿を行うことでお肌のハリを保ちながらシワやたるみを予防します。美白ケアを行うことで周りとの差がつきます。

肌質別でおすすめの美白化粧品をご紹介

お肌のタイプから化粧品をご紹介しています。

敏感肌の美白

少しの刺激でも肌荒れが起きてしまう敏感肌には刺激の少ない無添加や自然素材の成分で配合された保湿力の高い化粧品で肌バリア機能をアップさせる効果が高い化粧品を選びましょう。

乾燥肌の美白

季節や外からの刺激などでお肌は乾燥しがちです。乾燥しているお肌は、紫外線の影響を受けやすいのでしっかり保湿しながらスキンケアする事が重要です。保湿効果の高い化粧品でお肌に潤いを与えながらシミ予防ができる化粧品を選びましょう。

オイリー肌の美白

皮脂の分泌値が過剰に出てしまう脂性肌の場合、お肌の乾燥がもとで皮脂が過剰に出てしまっている場合がとても多いです。しっかりと保湿のケアもしながらベタつきにくいさっぱりとした化粧品を選びましょう。

美白化粧品の比較

化粧品を一覧の表で比較しています。
お肌のタイプやお肌の悩みもそれぞれだと思います。
自分のお肌に最適な化粧品に出会えたら幸いです。

商品名 総合評価 容量 送料 価格
アンプルール ★★★★★ お試しセット(10日分) 無料 1,500円
HANAオーガニック ★★★★☆ お試しセット(7日分) 無料 1,980円
ディセンシア サエル ★★★★☆ お試しセット(10日分) 無料 980円
ビーグレン ★★★★☆ お試しセット(7日分) 無料 1,100円
アスタリフト ★★★★★ お試しセット(5日分) 無料 1,100円
エニシングホワイト ★★★★☆ 約40日分 無料 3,416円
デルマQⅡ ★★★☆☆ お試しセット(10日分) 無料 1,575円
プラチナVCセラム ★★★☆☆ お試しセット(5日分) 無料 1,570円
POLA ホワイティシモ ★★★☆☆ 約2週間分 420円 3,150円
ミラクルホワイト ★★★☆☆ お試しセット(約3~7日分) 無料 1,260円
薬用アラリア美白化粧水 ★★★☆☆ 120ml 無料 5,250円
スーパーホワイト ★★★★☆ 10g 525円 4,200円

当サイトについて

美白化粧品は種類が多いので本当にシミ対策の効果が期待できるか、どのコスメを選んでいいのかわからないという方も多いと思います。
美白ケアしたいけど、安全に使用できる化粧品かどうか、お肌に合っているかなど実際に使ってみないとわからない事が多いのも現実です。

当サイトでは、実際に使用しておすすめ出来る美白化粧品をご紹介しています。
トライアルのセットで少量から試せるので、当サイトの情報を参考にしてお肌に合った化粧品に出会えて、シミや美白のケアをしたいとお悩みの方が少しでも笑顔になっていただけたら幸いです。

また、記事については美容専門の編集者が各記事を編集しております。
美白化粧品のご紹介だけでなく、有効成分の基礎知識や、シミやくすみの原因と対策まで、美白ケアに関する情報やお肌を明るくする方法をご紹介していますので是非ご覧ください♪