そばかす・雀卵斑

そばかす・雀卵斑

Quail Eggs

そばかすの特徴

そばかすとは頬や目の周辺や、腕や肩や背中など陽を浴びやすい部分に薄茶色の小さな斑点が散らばったように出来るもので雀卵斑(じゃくらんはん)とも呼ばれています。
欧米の方や色素の薄い色白の方に出来やすく、紫外線を浴びる事でさらにソバカスが濃くなる事もあります。
加齢で出来るシミとは異なり5〜6歳くらいなどの早い時期に現れ始め思春期を過ぎると段々薄くなる事が特徴です。

また、大人になってから後天的にできるそばかすもあり、年齢を重ねるとともに目立ちやすくなったり、自然に消えないのが特徴です。
そばかすの原因は遺伝的な要素が強く、両親のどちらかが出来ていたり、家計的にそばかすのある方が多い場合に出来やすいと言われています。

そばかすの原因

遺伝や体質で出来やすいそばかすですが、一般的に紫外線によって出来やすかったり濃くなる事が原因のほとんどです。
紫外線を浴びる事でお肌の中にあるメラノサイトが活性化し、メラニンの色素が生成されます。メラニン色素は紫外線のダメージからお肌を守る為に生成されるものですが過剰に作られたりターンオーバーなどで剥がれていかずにお肌に残ってしまう事でシミやそばかすとなってお肌に表れるのです。

また、お肌に合わないスキンケアや間違った洗顔方法、睡眠不足、外部の刺激やストレス、ビタミン・ミネラル不足などもそばかすの原因として挙げられます。
そばかすを出来にくくするには美白の大敵となる紫外線の対策や生活習慣の見直しが重要です。

そばかすの予防

そばかすを作らせない為には紫外線を徹底的に浴びないような環境を作りましょう。
外出する際には必ずUVケアを欠かさないのはもちろん、洗濯を干したり取り込んだりする際、冬や曇りの日など紫外線が少なそうだなと思う時も油断をせず紫外線への対策をしっかり行う事がソバカスの予防として、とても大切です。

そばかすの対策とケアの方法

紫外線を強く浴びる季節には美白化粧品を使って美白対策をする事も重要です。紫外線を受けてしまったお肌へのダメージをそのまま放置しておくと肌に蓄積され、シミやそばかすの原因となります。今は良くても、後々お肌に出てきてしまいますので、早めにアプローチする事が効果的です。蓄積されていくシミやそばかすの原因のメラニンを増やさないように美白化粧品でしっかり美白のケアを行いましょう。

そばかすはお肌の刺激や負担でさらに悪化してしまう事があります。クレンジングや洗顔の際は擦りすぎたりゴシゴシ洗ったりせず、お肌に負担をかけないよう優しく丁寧に行いましょう。

また、妊娠している方はホルモンのバランスが崩れやすくソバカスができやすくなります。出産後に薄くなったり消えたりする事がほとんどなので問題はないのですが、敏感なお肌になりやすいので、なるべく刺激の少ないアイテムを使用して、いつもよりしっかりとした対策を心がけましょう。

そばかすにおすすめの美白化粧品

サエル

サエルセット_02 ソバカスにはサエルがおすすめです。
サエルは数多くの美容雑誌に取り上げられコスメ大賞も受賞しているお肌に優しい人気の美白化粧品です。
無添加の美白や保湿成分が配合され、肌のバリア機能を高める効果があるので美肌のサイクルを作り出します。さらに紫外線によるソバカスを予防しながらうるおいに満ちた透き通るお肌へと導いてくれます!

サエルの口コミはこちら
▶公式サイト⇒decencia

価格・送料 セット内容 成分 評価
送料無料 980円(税込)

30日間返品交換OK

10日分
(化粧水・美容液・クリーム)
ビタミンC誘導体
コウキエキス
ヒト型セラミド
★★★★☆

アスタリフト



アスタリフト肌の奥まで浸透するナノテクノロジー技術で明るい素肌を実感できる美白化粧品です。
美白のナノAMAやビタミンC誘導体などの成分を配合しシミの元メラニンに直接アプローチします!ハリと潤いのある明るく透き通ったお肌へと導いてくれます!

アスタリフトホワイトの口コミを見る
▶公式サイト⇒今年こそ本気の美白!アスタリフトホワイト

価格・送料 セット内容 成分 評価
送料無料1,000円(税抜)
5日分
(化粧水・美容液・クリーム・化粧下地)
ナノAMA
アルブチン
ビタミンC誘導体
★★★★★

シミの基礎知識

シミの原因

シミがなぜ出来るか、原因についてご紹介します。気になるシミのメカニズムを知っておけば
これから出来るシミの予防にもつながり、シミを出来にくくする事が出来ます。

シミの原因

シミの種類

そばかす以外にもシミには様々な種類があり、原因や特徴もそれぞれ異なります。
それぞれのシミが出来る原因や特徴、種類についてご紹介しています。

肝斑     ▶老人性色素斑     ▶脂漏性角化症     ▶花弁状色素斑     ▶炎症性色素沈着

シミの治療法

シミを予防するには日々の生活を正しくしたり美白化粧品を使用する事の他に
病院などで治療を行う方法もあります。シミを対策する為の治療法についてご紹介します。

ケミカルピーリング     ▶レーザー治療     ▶シミを皮膚科で治療     ▶エステでシミ対策をする方法     ▶光治療[IPL]