美白やシミを対策する食べ物

美白・シミ対策 化粧品の口コミランキング > 美白やシミを対策する食べ物

美白が期待できる食べ物

fruits
出典:flickr

日焼けをしない為のUVケアも大切ですが、体の内側からも食べ物でケアするとさらに美白には効果的です。

日焼けやシミの原因は紫外線を浴びた皮膚の細胞が傷つくことで起こります。抗酸化の作用がある栄養素を食べ物から摂取することで日焼けなどを中から予防することができるので食べ物で美白することが出来ます。

朝食の果物が美白に効果的な食べ物です。特に美容効果の高いことで知られているビタミンCは、体内に蓄積できないので、毎日意識して摂取しましょう。

ビタミンCの多く含まれるキウイやイチゴなどを朝食などで朝に食べると効果を発揮します。また、季節によってはミカンやサクランボなどもおすすめです。

サクランボは葉酸、カリウムやカルシウムなど、様々な成分が含まれているため、風邪の予防や疲労回復にも役立つため、美肌を作る為に役立ちます。

サプリを摂取する場合

美肌や美白のお肌を作るビタミンやミネラルなどの栄養素はなるべく食品から摂取した方が効果が高いですが、美白に特化しているサプリをスペシャルケアとして摂取することもおすすめです。

サプリの摂取するタイミングも、なるべく日差しを浴びる朝で尚且つ食後で消化吸収が高まっている時で朝食後に摂取することが効果的です。
朝食を食べる習慣がない場合も、ヨーグルトやミックススムージーなど軽くおなかに入れてから摂取することがおすすめです。

美白やシミを対策する食品

美白でシミのないお肌の為に摂りたい食べ物は「鮮度が第一」です。

体の内側から美白するには鮮度が重要で、果物は買ったばかりのもや切り立てのものが効果的です。既に切り売りされているものより、房ごと買ってきてその都度機って食べるようにしましょう。

忙しくて野菜や果物を摂る余裕のない方は、トマト製品や芋類を多く摂ることがおすすめです。ジャガイモやサツマイモにはビタミンCが多く含まれています。

また、トマト製品にはリコピンが多く含まれ、生のトマトよりケチャップやトマトホール缶、トマトジュースなど加熱されているトマト製品のほうがリコピンが多くお肌のシミを予防・対策としておすすめです。

また、美容の為に寝る前の食事は禁物です。肌の修復は寝ている間に成長ホルモンによって起ります。成長ホルモンは空腹の状態で寝ている方がしっかり分泌されるのです。

夕食は寝る時間の3時間前にすませ、量も腹八分目二しておくことで美肌作りを促します。

ビタミンC

美白の食べ物の中で代表的な成分はビタミンCです。ビタミンCには老化を防止する働きもありますので、ビタミンCの含まれている食べ物を積極的に摂りましょう。

ビタミンCは水や熱に弱いので、なるべく調理せず生のまま果物や野菜から摂取することが理想ですが食べ物から摂るのが難しい場合は、サプリメントなどを利用して積極的に摂りましょう。。

ビタミンCの多い食べ物

ブロッコリー、パセリ、レモン、キウイ、アシタバ、シソ、ホウレンソウ、グレープフルーツ、ミカン、イチゴ、柿、キンカン、キャベツ、モロヘイヤ、ピーナッツなど。

・ビタミンCは1日最低でも100mg程度、美白を意識するなら500mg程度を目安に摂取しましょう。

ビタミンE

ビタミンCはビタミンEと一緒に摂ると吸収率が上がりますのでビタミンEも合わせて採るようにしましょう。

ビタミンEを多く含む食べ物

アボカド、キウィ、カボチャ、アジ、ウナギ、タラコ、アーモンド、ごま、植物油、ピーナッツなど。

アロエシン

その他に美白対策の成分としてアロエシンがあり、シミやそばかすなどの原因といえるチロナーゼという酵素の作用を抑えるはたらきがあります。

アロエシンが含まれる食べ物

アロエ

リコピン

リコピンには紫外線からお肌を守り、シミの予防が期待できます。リコピンには高い抗酸化作用があるので、お肌を刺激から守ります。リコピンを多く摂取することで日焼けによる肌の損傷などの影響を軽減する効果が実証されています。

トマトなどのリコピンの抗酸化作用はビタミンEの100倍以上とも言われていて、美肌が期待できる成分です。

リコピンが含まれる食べ物

スイカトマト、ケチャップ、ピンクグレープフルーツ、ローズヒップ

・リコピンの1日の摂取目安の量は15gです。トマトケチャップやジュースなどの加工されたものにも多く含まれており、ケチャップの場合、大さじ4杯程度でリコピンの1日の摂取目安量15gとなります。

L-システイン

L-システインはお肌や髪の毛などにあるアミノ酸の一種で、活性酸素から肌を守る働きがある酵素のはたらきを活性させてメラニン色素の生成を強力に抑制する作用があります。

また黒色メラニンを無色化して、新陳代謝を促し、新しい肌に生まれ変わるのを促進させてくれます。L-システインは体内に存在する成分ですが、食事の中には存在しないため食べ物で摂取することは困難です。

必須脂肪酸のメチオニンを摂ることで、体の中でL-システインが合成されます。

メチオニンはアルコールを摂取した場合にアルコールを分解するために消費されてしまた、飲酒が多い場合L-システインの合成される量も減ってしまいます。

パソコンやスマートフォンなど長時間使用する方は、目の網膜を修復するのにメチオニンは消費されると言われていますので、飲酒や目を使う作業が多い方はほどほどに控えましょう。

メチオニン(L-システイン)を含む食べ物

豚肉、豚レバー、米胚芽、魚類、卵、ハチミツ、ネギなど。

・摂取の目安量は1日に250~500mg程度です。過剰摂取は吐き気などの副作用もあるため注意が必要です。

たんぱく質

たんぱく質を十分に摂取するとL-システインが体内合成されます。タンパク質は過剰に摂取すると活性酸素を増やし逆効果となるので注意しましょう。

たんぱく質を多くた含む食べ物

肉類、魚類、大豆製品、卵、乳製品など。

セラミド

潤い成分としてお肌に必要なセラミドは、メラニンの合成を抑えます。美白作用やシワを防ぐことも期待できます。セラミドはお肌に潤いを持たせ乾燥肌を防ぐことで肌のバリア機能を高め、紫外線などの刺激からお肌を守る役割があります。

お肌の潤いによるバリア機能の向上で新陳代謝を高めターンオーバーが活性化されることでシミやシワを防ぐことが期待できます。

セラミドを含む食べ物

生芋こんにゃく、ヨーグルト、ゼリー、米、大豆、小麦など。

・セラミドの1日の理想的な摂取量は0.6~1.2mg程度です

はと麦

美肌にいいと言われている、はと麦を合わせて摂取するとさらに効果的です。

ハトムギはイネ科の穀物で、新陳代謝を高め、お肌に溜まった老廃物や水分を排泄する作用でお肌のターンオーバーを促進し肌再生を促します。

いかがでしょうか。栄養素のバランスのいい食事をしながら美容にいい成分を含む食品を合わせて摂取することで体の中からシミやシワの原因を抑え透明感のある潤った美肌を作りましょう。

おすすめの美白化粧品

アスタリフト



アスタリフトナノテクノロジー技術で肌の奥へ有効成分を浸透させるので、潤いと透明感のある素肌が実感できる美白化粧品です。
美白成分のビタミンC誘導体や美白のナノAMAなどを配合しシミの原因となるメラニンに直接働くので潤いとハリの実感できる透明感のある素肌が蘇ります!

アスタリフトホワイトの口コミを見る
▶公式サイト⇒今年こそ本気の美白!アスタリフトホワイト

価格・送料 セット内容 成分 評価
送料無料1,000円(税抜)
5日分
(化粧水・美容液・クリーム・化粧下地)
ナノAMA
アルブチン
ビタミンC誘導体
★★★★★

その他の美白の基礎知識

美白の食べ物の他に、美白に関する基礎知識についてご紹介します。

生活習慣で美白   ▶紫外線対策【UVケア】   ▶トマトの美容にいい成分[リコピン]   ▶スイカの美容にいい成分[リコピン]   ▶日焼け止めの選び方   ▶ドラッグストア・市販のシミ対策化粧品