スイカの美容成分[リコピン]

美白・シミ対策 化粧品の口コミランキング > スイカ[リコピン]の美容成分

スイカに含まれるリコピンの美白ケアとは

watermelon
出典:weheartit

夏といえばスイカが旬ですよね。
暑くて汗をかいた後はキンキンに冷えたスイカにかじりつくのがたまりません。

さて、スイカには夏に汗で奪われる水分を体に補ったり体を冷やす作用があります。しかし、それだけではありません。
なんと美白ケアの強い味方!美容にもとってもいいのです。

スイカは漢字で「西瓜」とも書くように、ウリの仲間です。
大きな緑色の球体に黒色に近い濃い緑色の縦シマが入ったものが一般的です。
内側は真っ赤な実をしていて、90%以上が水分とみずみずしい食感です。

暑い日に体を冷やす効果だけでなく、美白ケアに有効なリコピンがたくさん含まれているので夏は積極的に食べて美肌を目指しましょう!

さて、そんなスイカに含まれるリコピンでお肌にどんなケアができるのか見ていきましょう。

スイカに含まれるリコピンで美白ケア

リコピンはトマトなどに含まれる色素と同じ、赤い果肉の食べ物に含まれていて、シミやソバカスの原因となる活性酵素を抑える力、抗酸化作用があります。

活性酵素とは、体の中で、細菌などを抑える役割を持っていますが、発生しすぎるとガンや老化を促進んさせてしまいます。

リコピンに含まれる抗酸化作用は活性酵素を抑える働きがあると言われていて、βカロチンの2倍も抗酸化作用があると言われています。

またリコピンは美白ケアとして、シミの元となるメラニンの生成を防ぐ働きをするのです。
さらにお肌のコラーゲンを増やしたり、守る役割もあるので、美肌効果もとっても高いです。

リコピンといえば赤い色をしているトマトが有名ですが、実はスイカの方がトマトよりもリコピンが多く含まれています。

リコピンを多く含む食べ物の可食部100gあたりに含まれるリコピンの量は下記です。

《リコピンを多く含む食べ物》

・トマト    :3.0mg

・ミニトマト :8.1mg

・スイカ   :3.2mg

・ピンクグレープフルーツ:3.2mg

・柿     :0.7mg

ミニトマトにも多く含まれていますが、スイカにはリコピンの量がトマトより多く、ピンクグレープフルーツとほぼ同じくらい含まれています。

摂取のしやすさから、スイカがリコピンを多く取りやすいでしょう。

リコピンの効果で知られるオススメの美白化粧品

アスタリフト



アスタリフト浸透性の高い独自技術でお肌の奥まで有効成分を浸透させるので、お肌に透明感やハリを与える効果が期待できる美白化粧品です。
美白のナノAMAやビタミンC誘導体やなど、美白有効成分が含まれシミの原因となるメラニンに直接アプローチしてシミ予防しますので、お肌に弾力を与えながら透き通る美肌へと導いていきます!

アスタリフトホワイトの口コミを見る
▶公式サイト⇒今年こそ本気の美白ケア!アスタリフトホワイト

送料無料1,000円(税抜)
5日分
(化粧水・美容液・クリーム・化粧下地)
ナノAMA
アルブチン
ビタミンC誘導体
★★★★★

その他の美白の基礎知識

スイカのリコピンで美白ケアする他に美白に関する基礎知識についてご紹介します。

美白・シミを対策する食べ物   ▶紫外線対策【UVケア】   ▶生活習慣で美白ケア   ▶トマトの美容成分[リコピン]